sugarlessのMTGブログ

MTGへの愛は永遠に

【緑単土地破壊】pauperローグデッキ紹介

こんにちは。

 

最近pauperの土地破壊デッキを作成するのにハマっています。

本日は緑単をご紹介。

 

前回は黒単を作りました。

 

緑単土地破壊ビックマナ

creatures:16
4 《東屋のエルフ/Arbor Elf》
3 《激情の共感者/Fierce Empath》
1 《ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder》
4 《カビのシャンブラー/Mold Shambler》
4 《ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher》
spells:24
4 《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
4 《繁茂/Wild Growth》
4 《はびこり/Overgrowth》
4 《Thermokarst》
4 《ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss》
4 《刈り取りと種まき/Reap and Sow》
lands:20
20 《森/Forest》
sideboard:15
4 《ナイレアの信奉者/Nylea's Disciple》
2 《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》
1 《ファングレンの匪賊/Fangren Marauder》
3 《空への斉射/Aerial Volley》
2 《一瞬の平和/Moment's Peace》
3 《根から絶つ/Root Out》

 

緑も優秀な土地破壊カードがいっぱい。

《Thermokarst》

f:id:kousuketakagimail241:20170924221218j:plain

pauper唯一の緑の3マナ土地破壊カード。

 

《ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss》

f:id:kousuketakagimail241:20170924221404j:plain

4マナですが土地を破壊しつつ、コチラのマナを伸ばすことのできるパワーカード。

 

《刈り取りと種まき/Reap and Sow》

f:id:kousuketakagimail241:20170924221635j:plain

【ムウォンヴーリーの酸苔】には劣りますが、これも土地を伸ばしつつ相手の土地を破壊します。

 

《カビのシャンブラー/Mold Shambler》

f:id:kousuketakagimail241:20170924221812j:plain

 もちろんキッカーするでしょ!土地以外にもエンチャントやアーティファクトにも触れるので、万能のカードです。このデッキだと6マナなんて軽く出ます。

 

マナ加速からテンポよく相手の土地を破壊しよう

土地破壊カードはゲームを壊さないようにコストは重めに設定されています。

 

なので3ターン目に土地を破壊しても、相手は展開が進んでいて、遅いということもしばしばあります。

 

それなら《繁茂/Wild Growth》のような土地にエンチャントして使うマナ加速を一緒に使いましょう。

f:id:kousuketakagimail241:20170924222732j:plain

エンチャントなのでマナクリーチャーのように除去されずらく、安定したマナ加速が出来ます。

 

2ターン目に打つ《Thermokarst》は強烈。先手だったらゲームを決めてしまう位相手の展開を遅らせることが出来ます。

 

《はびこり/Overgrowth》

f:id:kousuketakagimail241:20170924223107j:plain

このカードは初めて使ったのですが、強力なマナ加速ですね。このカードのおかげでスムーズに6マナのカードも使うことが出来ます。

 

そして、忘れてはいけないのが《東屋のエルフ/Arbor Elf》

f:id:kousuketakagimail241:20170924223413j:plain

除去されやすいですが、1ターン目に出せば、2ターン目には3マナ出せます。

それだけでなく一マナの《繁茂/Wild Growth》等と一緒に使えば4マナ出ます。

《はびこり/Overgrowth》がついた土地に使えればマナが使いきれないくらい溢れます。

 

フィニッシュはもちろんコレ

f:id:kousuketakagimail241:20170924224041j:plain

土地を割られまくって準備のできていない相手に出せば、すぐ投了してくれます。

このデッキは簡単に8マナ伸びますので、キャストは容易です。

 

《激情の共感者/Fierce Empath》も採用して手札にウラモグが集まりやすくなっています。2連続キャストなんかもできます。

 

サイドも楽しい

このデッキ、やたらと土地がpauperでは珍しく伸びるので、普段だと重さから使うのを躊躇していたカード達も採用しました。

 

《根から絶つ/Root Out》

f:id:kousuketakagimail241:20170924224526j:plain

このカードは普通のデッキが使うには重いですけれども、このデッキだとドローもできてアド得。

 

《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》

f:id:kousuketakagimail241:20170924224745j:plain

フェアリー等飛行クリーチャーをしっかり止めてくれます。早いターンに出せれば強いでしょ。

 

《ナイレアの信奉者/Nylea's Disciple》

f:id:kousuketakagimail241:20170924225000j:plain

エンチャントで信心が稼げるのでこのカードも。早いデッキやバーンにはとても固い一枚。

 

さいごに

回してみたくなりましたか?

pauperでは珍しい、ビッグマナのデッキでもあります。

大量のマナから相手の土地をめちゃくちゃにして、ウラモグ出してとやりたい放題です。

f:id:kousuketakagimail241:20170924225455j:plain

【豊かな成長】をいれて多色化してみるのも面白いと思います。

ぜひ回してみてください。

 

次は赤の土地破壊デッキを組んでみます。

pauperを定義するカード【呪文づまりのスプライト】

こんにちは。

 

最近のpauperを考えるにあたって、僕が意識しているカードがあることに気づきました。

 

そのカードとは…

 

呪文づまりのスプライト

f:id:kousuketakagimail241:20170922221150j:plain

このカードはpauperを定義しているカードと言えるくらい強力です。

 

このカードを知ることで、pauperの環境理解が進むと考えています。

それくらいpauperを代表するカードですので、これからpauperを始める方はぜひ参考にしてみてください。

 

どんなデッキで使われている?

現在ですと、主に青赤の氷雪フェアリーに採用されています。

 

どんなデッキなのかはこの記事の中の【氷雪フェアリー】を参照してください。

 

pauperメタゲーム紹介

 

氷雪フェアリーの根幹

このデッキがメタゲームの中で高い支配率を誇っているのは、【呪文づまりのスプライト】のカードパワーのおかげといっても過言ではありません。

 

このカード自体が強さと、【深き刻の忍者】という効率よくスプライトを使いまわす手段が合わさると本当に強い。

f:id:kousuketakagimail241:20170922222633j:plain

 

この2枚のシナジーの強力さこそpauper環境を定義すると僕は考えています。

 

何故強いのか?

  •  相手のカードをカウンターしつつ、1/1飛行を残すことが出来る
  • インスタントタイミングで出るので、隙がない
  • pauperのカードは低マナ域が多い
  • ケアのしずらさ

 

相手のカードをカウンターしつつ、1/1飛行を残すことが出来る

これが強いのは言わずもがな。2マナのカウンターに1/1の飛行がついてくるなんて本当に恐ろしい。

 

飛行持ちなので次のターンの攻撃をブロックするのは非常に困難です。

 

そのため次のターン、ブロックできない→【深き刻の忍者】が忍術で出てくる。→次のターンにまた構えられる

 

とハメパターンを作ることが出来ます。

 

相手のスペルを打ち消した後も、再度回収できる可能性を持ちつつアタックもできるというのは強すぎませんでしょうか?

f:id:kousuketakagimail241:20170923065411j:plain

インスタントタイミングで出るので、隙がない

インスタントタイミングで出せるので、相手の動きを待ちつつ動きがなければ相手のエンドに出して次のターンを迎えることが出来ます。

 

そのため、重ねて引いてもテンポが悪くなることはなく、むしろフェアリーを並べることが出来るので、カウンターできる呪文のコストを大きくすることが出来ます。

 

仮に相手の動きがなくても、エンドに出して次のターンに忍術用のアタッカーを出すという動きも強力です。

 

pauperのカードは低マナ域が多い

pauperはコモンを使うフォーマットなので特に低マナ域に強力なカードが多いです。

 

通常、レアの高マナ域のカードは、低マナ域数枚分の強さになるように調整されています。

例えば6マナのレアカードだと、3マナが3枚分くらいの強さになるものがあります。

f:id:kousuketakagimail241:20170922231628j:plain

マナコストが上がれば、その分唱えにくくなりますがしっかりとメリットがあるわけです。

 

しかし、コモンのカードが6マナは6マナ分しか強くないのです。6マナのカードでも3マナ2枚分の強さしかないようなものがほとんどで、6マナのカードを使うメリットがほとんどありません。

 

逆に【稲妻】に代表されるように、今のスタンダードだと考えられないような呪文が低マナ域に存在します。

f:id:kousuketakagimail241:20170922231802j:plain

 

pauperは低マナ域のカードが多く採用されるというのが特徴であり、その環境にマッチした能力をもつスプライトは必然的に強カードとなります。

 

ケアのしずらさ

スプライトを除去すれば大丈夫と考える人もいるかと思いますが、実際はひどく大変です。

f:id:kousuketakagimail241:20170922232814j:plain

1マナのカードを使うときに、さらに1マナもしくは2マナを浮かせてプレイする必要があるというのはテンポ面で大きなディスアドバンテージです。

 

1マナ、2マナのカードは2ターン目までに使うから強いのです。

 

しかし、スプライトの存在があるだけでマナをフルに使って呪文をキャストすることを躊躇してしまう。

 

また、仮に除去してもそれは1対1交換で決して有利になることはないのです。

むしろ相手は次の自分のターンで相手の介入を受けずに行動することが出来ます。

 

そして、スプライトの完結した強さとは、軽い除去でしか対策できないのに、軽い除去はスプライトの「的」になるということなのです。

なので2枚軽い除去を持っていないと、デルバー等に気軽に打つことが出来ません。

 

実際のpauperでの影響

【呪文づまりのスプライト】 によって抑制されているデッキがあります。

 

それは赤単バーン

f:id:kousuketakagimail241:20170923065712j:plain

バーンの戦略は低マナの優秀な火力を相手に投げて勝利することです。

毎度、相手のライフを削り取れるかギリギリのリソースなのに、それをスプライトでカウンター、忍者で回収という動きをされれば、2枚は確実に火力が失われます。

 

対抗呪文等で1対1交換ならまだ戦えるのですが、使いまわされるとお手上げです。

 

他にも呪禁オーラも抑制されています。構造上、除去を採用できない上に、クリーチャーとエンチャントのほとんどは1マナなので確実にスプライトのカウンターを受けます。

f:id:kousuketakagimail241:20170923065808j:plain

 

pauperでこれらのデッキと似たようなデッキ構造ならば、しっかりとスプライト対策をしましょう。

 

pauperだとマナコストが重いこともメリット

【呪文づまりのスプライト】の存在がpauperだと大きいので、必ずしもコストが重たいことも単純なデメリットではありません。

 

呪禁オーラの【祖先の仮面】は効果が強いだけでなく、3マナでスプライトに打ち消されにくいというメリットも評価できます。

 f:id:kousuketakagimail241:20170923070809j:plain

バーンが採用する【火炎破】のようなピッチスペルも、カード自体のマナコストは大きいものが多いのでスプライトにほぼ打ち消されない強みがあります。

 

親和デッキもカード自体のコストは大きいので打ち消されにくくてスプライト環境のpauperにマッチしています。

 

f:id:kousuketakagimail241:20170923072813j:plain

このカードをpauperであまり見ないのもコストが軽いから?

 

対策方法

 対策方法としてはメインからこのカードに対処するのは非常に困難です。

このカードに対処する為のカードをメインから採用しすぎるのはデッキの構造を歪めます。

 

 

肝心なのはサイドボード。これらのカードをうまく使ってスプライトに打ち勝ちましょう。

 

散弾の射手

f:id:kousuketakagimail241:20170923073745j:plain

着地すると相手のスプライトを完封できます。昔の青単に入っていたスプライトだとこのカードで上手くいったのですが、今は火力で速攻やられるだけです。

スリヴァー等のクリーチャーを多用するデッキなら採用してもいいかもしれません。

 

空への斉射

f:id:kousuketakagimail241:20170923074115j:plain

オススメの一枚。このカードはまだpauperだとマイナーなのでケアするプレイヤーも少ないです。スプライトの誘発に対してこれを唱えれば、運が良ければ裏返ったデルバーとスプライトを打ち取ることが出来ます。

相手が4マナ立っているときは、適当な除去と一緒に使って、2体連続でキャストしてきた2体のスプライトを気持ちよく除去したいですね。

 

電謀

f:id:kousuketakagimail241:20170923074639j:plain

 pauperの定番サイドボード。スプライトに強いだけでなく、呪禁オーラ、ストンピィ、トークン、エルフと刺さるデッキは多いです。

対スプライトとしてはこのカードをいかにうまく通すかというのがプレイングで求められます。適当に使うとキャッチされて終わりです。

このカードが普通に2マナなら強くていいんですけどね。

 

はらわた撃ち

f:id:kousuketakagimail241:20170923080342j:plain

どんな色のデッキでも使える優秀カード。オススメ。最近だと緑単ストンピィにも緑の対策カードを押しのけて採用されております。

このカードが強いのはマナを浮かさずに行動がとれるということです。このテンポ面での利点を評価しての緑単ストンピィでの採用だと思います。

 

呪禁オーラだと【軍旗の旗手】の対策になるので必須カードと考えています。

pauperのデッキを組む時は常に採用を検討できるカードですので覚えておきましょう。

逆にスプライトを使うときはこのカードがあることを忘れずに。マストカウンターのカードは対抗呪文で。

f:id:kousuketakagimail241:20170923081426j:plain

 

最後に

長くなりましたが、それほどpauperで存在感のあるカードなのです。

プレイングの面でもスプライトをケアできるか否かが、初心者と中級者を分けます。

 

個人的には禁止になってもいいくらい強いとは思いますが、このカードがあるからこそアンフェアデッキが抑えられているという側面があるのでなんとも言えません。

 

使う側に回るか、使わないならしっかりと対策をしましょう!

知ってる?pauperで使えそうなマイナーカード達(ウルザズサーガ編)

こんにちは。

 

シリーズになっていますので過去のものもご覧ください。

 

知ってる?pauperで使えそうなマイナーカード達

 

本日はウルザズサーガ。サイクリングが付いているとなんでも強く見えるので困りますね。

 

防御ルーンサイクル

f:id:kousuketakagimail241:20170917205709j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170917205713j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170917205716j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170917205721j:plain

f:id:kousuketakagimail241:20170917205725j:plain

防御円と似たカードなのですが、サイクリングが付いた代わりに支払うマナが白マナ限定になりました。

白が濃いデッキでないと使いにくいのですが、サイクリングのおかげでメインから採用することもできます。

このカードを相手の色に合わせて出すコントロールデッキがあるらしいです。

 

消灯

f:id:kousuketakagimail241:20170920191459j:plain

たまに青いデッキのサイドに採用されているカード。自身のクリーチャーを戻してアドをとってもいいし、対象を取らないので呪禁オーラやウィーゼロを止める最後の砦になるかもしれません。

 

錬金術の研究

f:id:kousuketakagimail241:20170920191552j:plain

pauperで恒久的に1点火力が飛ぶというのは、フェアリーデッキに強いため大変強力な能力です。

後述のカードと組み合わせると……

 

尖塔のフクロウ

f:id:kousuketakagimail241:20170920191655j:plain

4枚見て好きな順に戻せるのは十分ドロー操作としては強い。1/1飛行のボディもいい。

鳥デッキに入れてみたい。

 

トレイリアの風

f:id:kousuketakagimail241:20170920191812j:plain

能力がコモンらしくない派手なカード。いろんなカードとコンボを生みそうですが、まだpauperではブレイクしていないと思います。

今後このカードで派手なデッキを組みたいです。

 

問題児

f:id:kousuketakagimail241:20170920191911j:plain

除去されなければ、サリア並みに相手の行動を押さえつけることのできるカード。

これもコモンらしくないですね。土地破壊デッキがこれを出せば、ロックが完成しそうです。

 

カブトガニ

f:id:kousuketakagimail241:20170920192033j:plain

一マナでアンタップ。錬金術の研究】のようなカードと組み合わせると、1マナにつき1点を与えることが出来る強力コンボ。

カニマシンガンというコンボデッキがありますが、他にもこのカードを使ったデッキを考えてみたいところ。

 

汚れ

f:id:kousuketakagimail241:20170920192237j:plain

破壊できる対象の広いカード。5マナでもインスタントだったら、トロンあたりが使ったかもしれません。

 

病めるもの

f:id:kousuketakagimail241:20170920192303j:plain

サイクリング出来る軽い除去は貴重。pauper環境にもあっているとは思いますが、まだ使われているのを見たことはないです。 

 

抹殺

f:id:kousuketakagimail241:20170920192338j:plain

サイクリングが付いた3マナ除去。これは普通に強い。親和が環境にいるのでアーティファクトクリーチャーに触れないのは大きな弱点ですが、サイクリングを評価して入れるデッキはありそう。 

 

落胆

f:id:kousuketakagimail241:20170920192356j:plain

エンチャント先が死んでも、また回収できます。どんなデッキが使うのか分からないですけれども、使われると地味にウザい。 

 

ファイレクシアの食屍鬼

f:id:kousuketakagimail241:20170920192431j:plain

 サクリファリスデッキにはこちらもどうぞ。【ナントゥーコの鞘虫】よりかは強そうでかっこいいと個人的には思います。

 

ゴブリンの女看守

f:id:kousuketakagimail241:20170920194058j:plain

このカードもコモン。これからもゴブリンは増えていくとは思うのでもっと活躍してもおかしくない。 

 

倒壊

f:id:kousuketakagimail241:20170920194114j:plain

一マナで土地を破壊できる優秀カード。バーンなど土地が多くいらないデッキに採用されていたりします。 

 

不毛化

f:id:kousuketakagimail241:20170920194135j:plain

サイクリングが付くだけで強く見えるカード。土地破壊デッキだと検討の余地あり。 

 

から威張り

f:id:kousuketakagimail241:20170920194156j:plain

横並びデッキだと大幅な強化を見込めるエンチャント。赤白カルドーサが使って、飛行クリーチャーが大きいサイズで殴って来たら強そう。 

 

隠れたる蜘蛛

f:id:kousuketakagimail241:20170920194421j:plain

一マナで3/5到達というpauperの飛行っクリーチャーをピタッと止めるサイズのトークンを出すカード。アンコモン級。

もっと緑のサイドボードとして使われてもよさそうです。

 

静穏

f:id:kousuketakagimail241:20170920194441j:plain

トロンのサイドに採用されていたりします。効果も強く、不要ならドローと欲張りな一枚。呪禁オーラが多くなって来たらメインで入れるのもありですね。

 

小休止

f:id:kousuketakagimail241:20170920194500j:plain

サイクリング付きの【濃霧】

ターボフォグだと色々と役に立ちます。

 

ガイアの恵み

f:id:kousuketakagimail241:20170920194516j:plain

アドの取れる土地サーチカード。安定して土地を伸ばしたいときに採用出来るかもしれません。

 

共生

f:id:kousuketakagimail241:20170920194537j:plain

2体をパンプアップできれば、一気に相手のクリーチャーを2体シャクることが出来ます。トリッキーに使えればめちゃくちゃ強いカードですし、単純に2マナで4点というのも優秀です。

緑単ストンピィ等の緑の殴るデッキに入れて使ってみたい一枚。

 

各色サイクリングランド

f:id:kousuketakagimail241:20170920194635j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170920194639j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170920194643j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170920194650j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170920194654j:plain

オンスロートのものとは違って、無色マナ2でサイクリングが出来ます。

トロンのような色マナは安定して出ないデッキで使われています。

 

 以上です。いろんなデッキに採用できそうな万能カードが多い印象でした。

pauperメタゲーム紹介【2017年9月更新】

こんにちは。

 

早速ですが、2017年9月時点でのpauperのメタゲームで意識したいデッキです。(マジックオンラインでの結果をもとにしたものです。)

 

Tire1

氷雪フェアリー  親和 緑単ストンピィ 赤白カルドーサ 赤単バーン トロン

 

Tire2

 青単デルバー 呪禁オーラ 青黒コントロール ウィーゼロックス 不屈の部族コンボ ゴンドトークン エルフ

 

各デッキ名を押すとゴールドフィッシュの最新リストを見れます。

詳細なデッキリストについてはそちらをご参考にしてください。

 

(メタゲーム全体の詳細なデッキ分布はコチラ

 

Tire1デッキ紹介

デッキ作成の際にぜひ意識したいデッキ達です。どんなデッキなのか必ず知っておきましょう。

 

氷雪フェアリー 

f:id:kousuketakagimail241:20170918103307j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103323j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103446j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103607j:plain

 まさに万能なデッキ。カウンター、火力による除去、ドロー、デルバーによる高いクロック。現在のメタの王者。

 

優秀な飛行クリーチャーで殴りつつ、カウンターで妨害しながら勝利を目指します。

クロックパーミッションに属すとは思いますが、アドを取る手段も豊富であり火力とカウンターでのコントロール力も高いデッキです。

クリーチャーを1マナで除去できる【雪崩し】が強い。このカードを使うために基本地形には氷雪基本土地が使われています。

 

要注意のカードは【呪文づまりのスプライト】。このカードが低マナ域のカードをカウンターしてきます。相手のカードをカウンターしつつ、場に飛行の1/1が残るというpauper最強カードの1つ。

次のターンにアタックする【呪文づまりのスプライト】【深き刻の忍者】忍術で回収されたらほぼ負けます。

 

対策としてもこの【呪文づまりのスプライト】を上手くケアすることが大事です。

軽い除去や火力をしっかりとサイドには積んでおき、このカードが出てきてもカウンターを成功させないようにしましょう。

 

下記記事もぜひ参考にしてください。なぜこのデッキがpauperで強いのか分かります。

Pauperの赤青ゲームについて

 

親和

f:id:kousuketakagimail241:20170918111104j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918111401j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918111408j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918111151j:plain

pauper環境のメイン最強デッキ。親和でコストの軽くなったカードで相手を圧倒します。

アーティファクト土地はぶっ壊れカード

 

アーティファクト土地を使えるpauperだからこそ成立するデッキ。

【親和】によりコストの軽くなった優秀なカードを連打して勝利します。

ブン回った時の強さは圧巻。3ターン目に4/4が3体並ぶなんてことは朝飯前。

 

このデッキの強さは強力な割に軽いカードだけでなく、【エイトグ】というアーティファクトを食べて強くなる怪物がいることも大きいです。

 

アーティファクトを食べるとパワーとタフネスが2ずつ上がるので、ブロックしないと場のアーティファクトを全部食べて20点ダメージで勝ってしまうことも。

 

そして、全てのアーティファクトを食べてパワーが20点以上になった【エイトグ】を【投げ飛ばし】で生贄にして相手に致死ダメージというコンボも内蔵。

この一撃必殺で不利な局面からも一気に勝利をもぎ取ることが出来ます。

 

一見、pauper最強デッキに見えるのですが、【ゴリラのシャーマン】のようなアーティファクト対策カードに滅法弱いです。アーティファクトの土地であることが裏目にでて土地を殲滅されて何もできなくなります。

 

pauperのサイドボードはこの親和デッキに簡単に負けないように考える必要があります。それくらい環境を代表するデッキの1つ。

 

親和について自分なりに考えてみました。

pauperの親和デッキについて

 

緑単ストンピィ

f:id:kousuketakagimail241:20170918225525j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918225316j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919212359j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919212547j:plain

小粒で優秀な緑のクリーチャー達で素早く殴りきる。

マナ効率とテンポの良さ、そして多彩な攻めで死角なし。

 

pauperのビートダウンの代表デッキ。1マナから2マナの緑のクリーチャーをテンポよく並べていき、どんどん相手を追い詰めていきます。

 

このデッキを一躍トップメタに推し進めたのは【炎樹族の使者】のpauper参入

このカードによって圧倒的テンポでクリーチャーを横に並べることが出来るようになり、相手の除去が間に合わない速度を獲得しました。

 

テンポよく並ぶクリーチャーが並ぶクロックが早いだけでなく、コンバットトリックを絡めた多彩な攻めが出来ることも脅威。

 

【スカルガンの穴潜み】はパワーを上げれば実質アンブロッカブル。ほかにもバラエティ豊かなクリーチャーと、強化呪文が織りなす複雑な攻めは相手の計算を大きく狂わせます。

 

pauperでは序盤から終盤までこのデッキに圧倒されて簡単に負けない、もしくはストンピィよりも早く勝てるのかという絶対的な基準が存在します。環境を定義するデッキといっても過言ではありません。

 

赤白カルドーサ

f:id:kousuketakagimail241:20170919214846j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919215033j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919215137j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919215205j:plain

赤と白だけで圧倒的なアドを取る!攻めても守ってもよしのデッキ。

優秀なサイドボードも魅力。

 

場に出た時にドローが出来る【予言のプリズム】のようなアーティファクト【コーの空漁師】で回収しまた使ってアドを取る。

 

【カルドーサの再誕】は使い終わったアーティファクトを生贄に捧げれば、1マナで3体もトークンを生み出します。他にも【金切るときの声】も採用しているのでトークンがずらりと並びます。

 

トークンで状況によって守ったり、攻めたりしつつ、その間もアドを取っていきます。相手よりもたくさんのカードを場に出して、じわりじわりと相手を押し潰していきます。

 

最近だと名前に入っている【カルドーサの再誕】を採用せずに、防御力が高いカードを採用し、【宮殿の歩哨】をだして【統治者】を守り切るタイプにどんどんシフトしています。

 

サイドボードも優秀で、親和に有効なカードを採用で赤や、アグロデッキやバーンに強いカードが採用できる白と文句なしのデッキ完成度。

 

弱点のなさそうなデッキですが、一枚一枚はカードパワーが低いので、序盤からペースを握られると巻き返せずに負けるということが多いです。エンジンがかかるまでに勝負を決めたいですね。

 

赤単バーン

f:id:kousuketakagimail241:20170919223128j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919223035j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919223008j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919223247j:plain

古の火力と最新のクリーチャーのコンビで相手のライフを焼き尽くす!

 

優秀な火力のほとんどはコモン。【稲妻】に代表される1マナ3点火力を相手に打つバーン戦略はMTGの文化。

 

ここ最近のセットより、【火付け射手】【熟錬金術師】という火力に+1点を加えてくれるクリーチャーが加入し、さらにその勢いとデッキパワーはとどまるところを知らず。

火力射程圏内にライフを驚くべきスピードで削っていきます。

稲妻一枚で5点ダメージとかやりすぎです。

 

ピッチスペルである【火炎破】を組み合わせてのキルスピードの早さも魅力で、どんなデッキに有無を言わせず勝ってしまうことが出来ます。

 

しかし、pauperはモダンとは違って2色土地からライフを1点得ます。

そして、【呪文詰まりのスプライト】を擁するフェアリー系のデッキのクロックパーミッション戦略に弱く、pauper環境を染め上げるまでには至っておりません。

 

逆に上記の2点がなければ圧倒的トップメタデッキとなりうるくらいのデッキパワー。

サイドにはしっかりとライフ回復手段を積んでおきましょう。

 

使ってみたい方はコチラも参考にしてみてください。

pauperのバーンのプレイングについて

 

トロン

f:id:kousuketakagimail241:20170919225712j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919225537j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919225824j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919225850j:plain

トロン土地からの大量マナからやりたい放題!いろんなタイプがあります。

 

モダンでも大活躍のトロン土地もpauperで使えます。

pauperで主流のトロンデッキは、序盤をカウンターやドローで3種類トロン土地が集まるまでやり過ごし、揃ったらどんどんアドを取って負けない盤面を作っていく形です。

 

トロン土地がないと5マナでキャストするのが重たいと感じる【熟考漂い】を連打したり、【記憶の壁】【幽体のゆらめき】を組み合わせて何度も【熟考漂い】

を出し入れしてドローしたりしてやりたい放題やります。

 

フィニッシュ方法はさまざまで大量のマナからX点火力を打つか、【幽体の揺らめき】【ディンローバの恐怖】の効果を無限に使って、相手の場を空にして勝利します。

 

トロンデッキといってもいろんな形があり【輸作】を採用してトロンを積極的に集めに行く形や、【ウラモグの破壊者】をフィニッシャーに添えたり様々。サイドカードも含め、色んなカードを採用できるデッキ構築が楽しいデッキです。トロンでしか使わないけれども、トロンが使うとめちゃくちゃ強いというカードもたくさん。

 

弱点は序盤のトロンがそろってから負けない状況を作るまでのもっさり感。

バーン、緑単ストンピィと早いデッキの多いpauperでは軽視できない弱点。

土地破壊に弱いのはもちろんですが、それ以上に序盤のテンポの悪さがネックです。

 

最後に

まだまだ書き込んでいきますがとりあえず、ここまで。

深いメタ考察や、Tire2デッキ紹介、最新の警戒すべきデッキも今後紹介します。

 

この記事を書くにあたり勝手ながら、『MTG Pauperブログ”シミてく(゜-゜)”』

さんの内容を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

pauperのすべてはここに詰まっていると言えるサイトですのでぜひご覧になってみてください。

【黒単ランデス】pauperローグデッキ紹介

こんにちは。

 

本日はpauperでは珍しい土地破壊デッキです。

 

ツイッターにてお教えいただいた土地破壊デッキに影響を受けて、

色んな土地破壊デッキを考えてみました。

 

pauperだと土地破壊に優れた色といえば、赤が一番に思いつくかと思いますが、

緑や黒にも土地破壊カードが多くあるんですよ。

 

特に黒はMTG最初期に登場した

陥没孔

f:id:kousuketakagimail241:20170917205340j:plain

(コモンなんですけれども、pauperだと収録セットの関係で使うことはできません。注意)

 

が示すように土地破壊の元祖の色なんです。(今は赤にその座を譲りましたが)

 

そこで、黒の土地破壊カードを使ってデッキを組んでみました。

 

もちろん黒単ですよ!

 

creatures:10
4 《ドロスのゴーレム/Dross Golem》
4 《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》

spells:29
4 《邪悪の気配/Evil Presence》
4 《チェイナーの布告/Chainer's Edict》
4 《汚染された地/Contaminated Ground》
4 《夜の囁き/Night's Whisper》
2 《血の署名/Sign in Blood》
4 《押し寄せる砂/Choking Sands》
4 《腐臭の地/Rancid Earth》
3 《汚れた井戸/Tainted Well》

lands:21
1 《やせた原野/Barren Moor》
2 《流砂/Quicksand》
18 《沼/Swamp》

sideboard:15
4 《クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches》
1 《死の重み/Dead Weight》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
4 《強迫/Duress》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《減縮/Shrivel》
1 《夜の犠牲/Victim of Night》

 

土地を破壊するカード達

今回は《押し寄せる砂/Choking Sands》《腐臭の地/Rancid Earth》の2枚を採用しました。

f:id:kousuketakagimail241:20170917210646j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170917210834j:plain

 

どちらも3マナで土地を破壊できるカード。しかもメリットもついております。

 

押し寄せる砂は沼は破壊できないですが、特殊地形を破壊すると2点ダメージ。

腐臭の地スレッショルド達成すると、プレイヤークリーチャー全体に1点ダメージ。

 

黒らしく優秀な土地破壊カードです。

 

その土地、沼になれ!

《邪悪の気配/Evil Presence》《汚染された地/Contaminated Ground》

f:id:kousuketakagimail241:20170917211707j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170917211724j:plain

エンチャントした土地を沼に変えてしまうカードです。

 

一見すると土地を破壊するわけではないので力不足に感じますが、

pauperだとメタ上に沼をメインカラーにするデッキが少ないので土地を破壊するのと同じくらいの力があります。

 

親和、デルバー、バーン、ストンピィ、そしてトロンも。主要デッキはみんな沼を使わないのです。唯一使う青黒コントロールでも除去を使うためなので、青が出なくなると機能不全に陥ります。

 

まさに土地を沼にするカードはpauperで使ってこそなんです。

 

《汚れた井戸/Tainted Well》

f:id:kousuketakagimail241:20170917212241j:plain

MOで使うと、皆一瞬止まってテキストを読んでいるのが面白いくらい伝わってきました。

イラストはかっこいいけど、何なんだこのカード感が強いです。超マイナー。

 

キャントリップ付きの土地を沼に変えるエンチャント。このデッキで使うとめちゃくちゃ強い。

アドを失わず、相手の土地を沼にしてしまいます。アスフォデルの信心も稼いでくれますね。

 

素早く勝ってしまおう!

《ドロスのゴーレム/Dross Golem》

f:id:kousuketakagimail241:20170917212946j:plain

このカード、はじめて使ったのですが強い。土地を縛られて、もたついている相手のライフをどんどん削っていきます。

普通の黒単でも使ってみたくなるパワーカードです。

 

黒単はやっぱりいい!

黒単というだけで心惹かれるものがあるのに、土地破壊、マイナーカードと色々と魅力的に仕上がったと考えています。

 

pauperだとバウンスランドがあるのが少し向かい風ですが、十分戦えるデッキです。

 

こんなローグデッキを組めるのがpauperの魅力です。

ぜひ一度回してみてください!楽しくてかっこいいですよ!

相手をターンエンドでディスカードさせましょう!

 

twitterやってます。

日々MTGについて思ったところをつぶやいていますのでぜひフォローお願い致します。

 

pauper目線!『イクサラン』注目カードはこれ!!

こんにちは。

 

とうとうイクサランの全カードが公開されました。

 

大型セットなのでコモンも多数!

 

pauper環境を変える一枚はあるのか??!!

 

司教の兵士

f:id:kousuketakagimail241:20170916064947p:plain

兵士デッキなんかだとメインから入れられそう。

 

キンジャーリの呼び手

f:id:kousuketakagimail241:20170916065205p:plain

恐竜が増えてきたら使う日が来るかも。

 

女王の任命

f:id:kousuketakagimail241:20170916065242p:plain

インスタントで出ていたらバケモノだった。トークンデッキで採用が検討できるのはもちろんですが、普通にパワーカードなので白を含むミッドレンジデッキでも使うデッキが出てくるかも。

 

血潮隊の聖騎士

f:id:kousuketakagimail241:20170916065323p:plain

これもそこそこ強い。横に並ぶのがライフリンクなので、守備力がかなり上がっています。 

 

 

軍団の征服者

f:id:kousuketakagimail241:20170916212730p:plain

 戦隊の鷹の亜種。サイズを期待してというより、カードアドバンテージの元として。

同様の動きをするカードが8枚になったので、そろそろ新しいデッキを作れるかも。

 

 潜水

f:id:kousuketakagimail241:20170916070114p:plain

【ミジウムの外皮 】のように多数を守る必要はないときはコチラの方がよさそう。

 

海賊の獲物

f:id:kousuketakagimail241:20170916070228p:plain

マナ効率で言えば、【予言】相当。

アーティファクトが出るのでアーティファクトシナジーが期待出来たり、マナフィルターとしても期待が出来ます。

 

セイレーンの見張り番

f:id:kousuketakagimail241:20170916070844p:plain

 3マナですが、アドが取れる可能性のあるカード。【ボーラスの占い師】は2マナでアドを取る可能性がありますが、こちらは土地が伸ばせる部分と飛行を生かせるならば。

 

裕福な海賊

f:id:kousuketakagimail241:20170916071552p:plain

【幽体の揺らめき】とのコンボがいろいろと考えられる一枚。

サイズも優秀なので使いやすい。

アーティファクトが2枚も出るのは強すぎますし、マナ加速としてもやりすぎです。 

 

欲望の深み

f:id:kousuketakagimail241:20170916071949p:plain

バウンスしつつ、アーティファクトを出します。ちょっと重たいけれども、親和なんかで使ってみるのはありかも。これもマナフィルターになるのが優秀。 

 

財力ある船乗り

f:id:kousuketakagimail241:20170916072324p:plain

 出た時に宝物を出します。サイズがいい感じなので、自然にデッキに入りそう。

 

依頼殺人

f:id:kousuketakagimail241:20170916072516p:plain

実質3マナの確定除去。これもアーティファクトシナジーや、フィルターとして活躍させることが出来れば、超パワーカードに化ける可能性あり。 

 

卑怯な行為

f:id:kousuketakagimail241:20170916072607p:plain

 あんまり使いたいと思う局面はないけれども、黒い殴るデッキだったら採用できるかも。

 

巣荒らし

f:id:kousuketakagimail241:20170916072841p:plain

 赤単スライに入るかも。恐竜というイラストアドあり。

 

イクサーリの卜占師

f:id:kousuketakagimail241:20170916073832p:plain

人間なので、人間シナジーが期待できるデッキなら 使うデッキが出てくるかも。

 

古代プロントドン

f:id:kousuketakagimail241:20170916073708p:plain

サイズだけ。 

 

押し潰す梢

f:id:kousuketakagimail241:20170916073626p:plain

 サイドカードとして受けが広い。3マナというのがスプライトにかかりにくく、呪禁オーラの対策にもなる。

 

アーティファクト

秘儀司祭の杯

f:id:kousuketakagimail241:20170916073702p:plain

 もしかしたら、ナチュラルにマナ加速をしつつ、無限ブリンクが決まればこれで勝ちに行くという動きが出来るかも。

 

もぎ取り刃

f:id:kousuketakagimail241:20170916073705p:plain

 何かデッキを生みそうな一枚。可能性を感じます。

アーティファクトシナジーがあるデッキに入れれば、十分活躍しそう。

自身がアーティファクトで、さらにアーティファクトを増やすという方向性の一致が評価できるポイント。

 

今回のpauper大活躍間違いなし。FOILを1000枚買え枠は?

 正直に言ってありません。今回はおとなしめ。けれども、将来が期待できるカードが少しはあります。

 

裕福な海賊、血潮隊の聖騎士あたりは、4枚揃えておいてもいいかと思います。

現在のpauper需要のあるコモンFOILの人気を考えると「初動で揃えろ!」くらいは言えそうです。

 

両方とも何かデッキを成立させる可能性があるカードです。

 

パッと思いついたのは、裕福な海賊はファミリアで入るかもしれないなというくらいでしょうか。

壁としても、マナ加速としても無理なく採用できるだけの力はあります。

マナコストの軽減なしでは、うまく使えそうなデッキをまだ思いつけません。

 

血潮隊の聖騎士はローグデッキを作ることには事欠かない能力かと思います。

どんな形がいいのか少しカードを探ってみます。

『Unstable』予約開始!でも、すぐ売り切れそう。

こんにちは。

 

本日は『Unstable』についてです。

『Unstable』は10年ぶりに登場した銀枠カードセット。

 

12月8日発売ですが、もう駿河屋にて予約が始まっています。

 

予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG Unstable booster [英語版]

 

お値段10,614円(税込み)送料無料です。

 

とりあえず、値段はプレミアが付かず通常のBOX程度でしょうか。

 

あれ、初動はおとなしい?

正直、プレミア価格になるかなと思っていたのですが、今はおとなしいです。

 

銀枠なのでプレイで使えないことが、値段を抑えている要因でしょうか。

 

あと限定生産ではないとは思うので、コンスピラシーぐらいは流通しそうというところでみんな食いついていないのでしょうか?

 

プレイで使えないのは値段を抑える要因にはならない

いまや、カジュアルなフォーマットである統率者はカード相場に大きな影響を及ぼしています。

 

「弱いけど、こんなカードが!」というカードもカジュアル需要で値上がりしています。

 

だったら、プレイで使えなくてもカジュアル勢の所有欲を刺激するカードだったら上がる可能性があるのではないでしょうか?

美麗な土地カード、素敵なデザインのカード、使っててうれしくなるトークンが入っているのが『Unstable』なんです。

 

プレイで使えないことにもいいことはある。

プレイで使えないカードは、良くも悪くも今後メタの影響を受けないということです。

プレイで使うカードはメタの影響で全く価値がなくなってしまうことがあるかもしれませんが、『Unstable』のような銀枠カードはそのようなことはありません。

 

f:id:kousuketakagimail241:20170913223647j:plain

MTG人口は今後も増えると予想されるので、さらに需要が上がれば高騰間違いなしです。

パックを塩漬けにしておくだけで、損はしなさそう。

 

この土地!拡張アート?

f:id:kousuketakagimail241:20170913222304j:plain

今回こんな感じの土地が封入されるとのことです。

ゼンディカーのフルアート土地も人気でしたが、さらに上をいくカッコよさ。

これだけでも買い。

 

他にもFOILトークンも収録されるらしい。

 この機会を逃すとまた10年後ですかね。買い損ねる前にぜひ予約を。

 

予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG Unstable booster [英語版]

 

駿河屋がいつでもMTGの予約商品はネットで最安値ですね。