sugarlessのMTGブログ

pauper modern を中心に

明日24日は都内pauperオフ会!!

 こんにちは。

 

明日24日(土)はpauperのオフ会が開催されます。

 

 

 

主催のゆにさんのツイッターでの告知により参加者が40人近くなりそうです。

 

紙pauperで盛り上がれるなんて夢のよう

pauperはいままでマイナーなフォーマットだと感じていたのですが、魅力がいろんな方に伝わっているのかますます盛り上がりを見せています。

 

40人がpauperをやる為に集まる。これってすごいことです。

 

この流れに乗ってみないですか?

おそらく、今後pauperはどんどん人気のフォーマットになっていきます。

統率者なんかとは並ぶくらいの人気が出ていてもおかしくはありません。

 

まだpauperをやったことがない方もご参加いただければと思います。

デッキ?pauper民はデッキたくさん持っているので貸してもらえることが多いはず。

 

あなたのpauperをやりたい熱意だけで大丈夫です。

 

初心者の方にもpauperはオススメです。使うカードがシンプルなのでルールを覚えるのにも最適ですよ。

 

もしpauperに興味を持った方はこのブログの各記事をご覧ください。

 

そして、オフ会に参加してみてください!

詳細はゆにさんのツイッターをご確認ください。

MO初心者にはpauperがオススメのフォーマット!

こんにちは。

 

最近MO始めたけれども、どんなデッキを組んでいいのか分からない方へ。

 

スタンダード、モダン、レガシー?

 

MOだとカードが安いとは聞いていたけれども、いざ組もうと思ったらどのフォーマットでも5万円位課金しなければならないし、「MO辞めた、やっぱり紙だ」となった方もいるのではないでしょうか。

 

妥協して安いデッキを組んでみてもイマイチ勝てなくて、チケットは減っていき悪循環。

 

となっている方にオススメのフォーマットがあります。

 

それはpauper!

 

pauperとは

くわしくはコチラの記事をご覧ください。

 

コモンカード限定の構築フォーマットです。対抗呪文、稲妻、定業、全てコモンなので使えますよ。

 

なぜMOでもオススメなのか

  • デッキが格安
  • フレンドリーリーグなので勝ちやすい

上記が挙げられると思います。

 

トップメタのデッキが安すぎる

MOはコモンカードがめちゃくちゃ安く買えます。というかほとんどタダです。

そのため、安いデッキを選べば20チケットで、しっかりと勝てるデッキが組めます。

 

50チケットも出せば、ほとんどのデッキが選択可能。

 

pauperは高額なカードが固定的なので一度集めてしまえば、色んなデッキが安く組めますよ。

 

詳しいデッキの価格は「GOLDFISH」をご覧ください。

MOをやる方には必須のサイトですので、他のページもぜひ見てみてください。

 

フレンドリーリーグなので勝ちやすい

pauperはグランプリのフォーマットに選ばれてもおかしくないくらい、競技的で奥の深いフォーマットです。

 

しかし、いろんな自分の好きなタイプのデッキが組めるので、ちょっと弱くても試してみたいから好きなデッキを回すというプレイヤーも、リーグの中では多くみられます。

(僕もそちらに近いです。)

 

参加費も少なくて、負けても大きく資産が減ることがないので、そういったあまり強くないデッキにあたることもよくあります。

なので、そういった相手をしっかりとトップメタのデッキで狩っていけば、勝率も自然と高くなっていきます。

 

もともと、MTGを紙でしっかりやっている人はすぐ稼げるようになると思いますし、MTGが初心者の方でもデッキの動きを覚えてしまえば、簡単に勝てるデッキがたくさん選べます。

 

とにかく面白いからやってみよう

これが一番です。おもしろいのに、初期投資は安く済む。こんな素敵なフォーマットはありません。

リーグに出なくてもフリー対戦で安いデッキを組んで遊んでみましょう。

 

面白くなってきて、慣れてきたらリーグで地道に稼いでいきましょう。

半年間、熱中してプレイすればpauperのデッキがなんでも組めるくらいの資産形成ができると思います。

 

さいごに

また、MO初心者がpauperで稼ぐ為のオススメのデッキを紹介しますので、少しお待ちください。

MOのスタートダッシュはpauperで決めましょう。

 

「変身2.0」について(MTGはまだまだ面白くなる)

公式発表ウィークの第一弾としてワクワクする発表がありました。

 

まだ読んでない方はコチラを。

 

変身2.0(公式記事)

 

変更内容の細かいところには触れませんが、今後の変更内容については理路整然としていて納得のいく内容。

 

どの部分の変更もMTGが良い方向に動いていきそうです。

 

より面白くするためにチャレンジする姿勢

変身1.0の時はへー、変えるんだくらいにしか思っていなかったんですが、いままでそれなりに成功しているやり方を変更して、よりよいと思われる形に変化させたのは、よく考えるとすごいことだと思います。

 

小手先の変化ではなく、根本的に見直して、常に面白くしていこうとチャレンジしていく姿勢はMTGプレイヤーとして誇らしい。

 

作り手が本当にMTGが好きで、常にそこに向けて労力を惜しまない結果が生む変化だと思います。

 

変化したから分かった今後の展開

マンネリな製品開発に妥協せず、変化させてみたからこそ、よりよいと思われる方向性がしっかりと理論的に分かってきました。2年前の変化の成果物が今回の発表です。

 

いままでは現状のやり方がいいのか悪いのかさえも分からない状況だったのが、フィードバックと共に良さと悪さが分かってくるようになりました。

 

確実に前へと進む

なんというか、あいまいな表現にはなりますが、MTGはしっかりと文化として成熟していて、それをさらに面白くしていこうという足腰の強さを感じた記事でした。

 

まだまだ、いや、永遠に、MTGは着実に面白くなっていきそうです。

僕としては可能な限り、自分のリソースをMTGに使っていこうと思いました。

 

もっともっと面白くなって大きくなったMTGをプレイできる日が待ち遠しい。

 

3000円でpauperのデッキを組もう!(黒単ミッドレンジ編)

こんにちは

 

pauperは低予算でデッキが組めると言われているけれども、実際にどれくらいで組めるのかを紹介しようと思います。

 

ズバリ、3000円で組みます。

 

他のフォーマットで安くデッキを組もうとすると、3000円だとデッキパーツを妥協したり、そもそもデッキとして全然弱かったりしますよね。

 

pauperならしっかり勝てるデッキが組めます。

 

仮にpauperのグランプリが開催されたとして、そこで優勝してもおかしくないようなパワーのデッキが3000円で組めます。デッキパーツにも妥協はありません。

ベストな形のデッキを組みます。

 

では組んでみましょう!

 

黒単ミッドレンジ

creatures:18
3 《クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches》
4 《騒がしいネズミ/Chittering Rats》
1 《墓所のネズミ/Crypt Rats》
4 《ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager》
4 《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》
1 《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi
1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》

spells:20
3 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《発掘/Unearth
4 《チェイナーの布告/Chainer's Edict》
4 《血の署名/Sign in Blood》
2 《夜の犠牲/Victim of Night》
1 《黒死病/Pestilence》
3 《堕落の触手/Tendrils of Corruption》
1 《堕落/Corrupt》

lands:22
3 《やせた原野/Barren Moor》
19 《沼/Swamp》

sideboard:15
1 《クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches》
1 《死の重み/Dead Weight》
4 《強迫/Duress》
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《悲劇的な過ち/Tragic Slip》
1 《回帰の泉/Font of Return》
1 《減縮/Shrivel》
2 《夜の犠牲/Victim of Night》
2 《精神ねじ切り/Wrench Mind》

 

どんなデッキ?

f:id:kousuketakagimail241:20170209221703j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170607215302j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170607215307j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170603220756j:plain

黒の優秀なクリーチャーや、除去でどんどん自分の有利な場を作っていきます。

 

マナを5マナまで伸ばしたら、アスフォデルの灰色商人を出しましょう。

場にある黒のカードの信心分だけライフをドレイン!このカードが超々強力な為に成立しているデッキです。

f:id:kousuketakagimail241:20170607215725j:plain

 

黒が好きな人にはたまらないデッキになっています。

 

安いカードは効率よく買っちゃいましょう!

価格が安くて、流通量の多いカードは大手の通販サイトでまとめて買ってしまえば、楽ですし、送料も安く済むのでお勧めです。

 

晴れる屋

が在庫も多くておすすめ。だいたい50円以内で買えるものがほとんど。

古いカードも在庫があって最高です。高田馬場まで行ける人は店頭引き取りすると送料が浮きます。

 

今回のデッキですと単価はこんな感じです。


1 《墓所のネズミ/Crypt Rats》@80
4 《ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager》@10

 


4 《夜の犠牲/Victim of Night》@80
1 《黒死病/Pestilence》@30
3 《堕落の触手/Tendrils of Corruption》@30
1 《堕落/Corrupt》@30


3 《やせた原野/Barren Moor》@30


1 《死の重み/Dead Weight》@10
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》@300
1 《悲劇的な過ち/Tragic Slip》@20
1 《回帰の泉/Font of Return》@10
1 《減縮/Shrivel》@10

下記のカードは大手通販で買うと相場より高い。

少し手間になりますが他の安いサイトを使えばグンと安く買えます。

 

2017年6月時点での相場をざっくり入力していきます

 

4《クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches》@50

4 《騒がしいネズミ/Chittering Rats》@50

 4 《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》@20

1 《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi》@80

1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》@50

3 《見栄え損ない/Disfigure》@50

2 《発掘/Unearth》@100

4 《チェイナーの布告/Chainer's Edict》@150

4 《血の署名/Sign in Blood》@10

4 《強迫/Duress》@10

2 《精神ねじ切り/Wrench Mind》@150

 

素早く手に入れたい方は、最安値をWisdom Guideで調べて注文をまとめられそうなサイトから一括で買うといいと思います。

 

安く、掘り出し物を見つけて買いたい方は、

 

ヤフオクは安くて、通販だと在庫がないカードも買えるのでお勧めです。

 

メルカリもめちゃくちゃおすすめ。相場だとありえない価格でカードが買えちゃいます。ぜひ使ってみましょう。

 

メルカリに関して詳しくはコチラの記事をご覧ください。カードを売るときにも最高のツールです。

 

合計で2970円で組めます。

メルカリやヤフオクや最安値のサイトを上手く使えば送料分くらいは安くできそうです。

 

このデッキに興味が出てきた方にはもう少し詳しく書いたコチラの記事もご参照ください。

 

黒はMTGのなかでも人気のあるので、pauperをやったことない方はまずはこのデッキでpauperの雰囲気を味わいながら、思う存分黒への信心を高めていきましょう。

黒単色もpauperでは組めるんです!

 

3000円でpauperのデッキを組もう!(白単トークン編)

こんにちは

pauperは低予算でデッキが組めると言われているけれども、実際にどれくらいで組めるのかを紹介しようと思います。

 

ズバリ、3000円で組みます。

 

他のフォーマットで安くデッキを組もうとすると、3000円だとデッキパーツを妥協したり、そもそもデッキとして全然弱かったりしますよね。

 

pauperならしっかり勝てるデッキが組めます。

 

仮にpauperのグランプリが開催されたとして、そこで優勝してもおかしくないようなパワーのデッキが3000円で組めます。デッキパーツにも妥協はありません。

ベストな形のデッキを組みます。

 

では組んでみましょう!

 

白単トーク

creatures:17
3 《魂の管理人/Soul Warden》
3 《魂の従者/Soul's Attendant》
4 《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》
3 《古参兵の武具師/Veteran Armorer》

spells:22
1 《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》
3 《町民の結集/Gather the Townsfolk》
4 《急報/Raise the Alarm》
4 《護衛の誓約/Guardians' Pledge》
1 《虹色の断片/Prismatic Strands》
1 《農民の結集/Rally the Peasants》
3 《金切るときの声/Battle Screech》
2 《レイモス教の再興/Ramosian Rally》
3 《三つぞろいの霊魂/Triplicate Spirits》

lands:21
2 《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》
17 《平地/Plains》
2 《隔離されたステップ/Secluded Steppe》

sideboard:15
2 《縫合の僧侶/Suture Priest》
2 《亡霊招き/Beckon Apparition》
2 《天界のほとばしり/Celestial Flare》
2 《未達への旅/Journey to Nowhere》
2 《光糸の場/Lumithread Field》
2 《隔離する成長/Sundering Growth》
2 《塵は塵に/Dust to Dust》
1 《虹色の断片/Prismatic Strands》

 

どんなデッキ?

f:id:kousuketakagimail241:20170607212402j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170607212404j:plain

コモンながらトークンをたくさん出すことができる優秀なカードで、自分の場をトークンでいっぱいにします。

 

トークン一体一体は弱いのですが、

f:id:kousuketakagimail241:20170607212637j:plain

全体強化呪文で強化してあげると、一体一体がしっかりと強くなって数の暴力で相手を倒します。

 

攻撃だけでなく、トークンクリーチャーがたくさん出ることを生かして回復もおこなっ行きます。

f:id:kousuketakagimail241:20170607212727j:plain

 

トークンで場をいっぱいにして戦うのは楽しいですよ。

 

安いカードは効率よく買っちゃいましょう!

価格が安くて、流通量の多いカードは大手の通販サイトでまとめて買ってしまえば、楽ですし、送料も安く済むのでお勧めです。

 

晴れる屋

が在庫も多くておすすめ。だいたい50円以内で買えるものがほとんど。

古いカードも在庫があって最高です。高田馬場まで行ける人は店頭引き取りすると送料が浮きます。

 

今回のデッキですと単価はこんな感じです。


3 《魂の管理人/Soul Warden》@50
4 《急報/Raise the Alarm》@20
1 《農民の結集/Rally the Peasants》@10
3 《金切るときの声/Battle Screech》@100
3 《三つぞろいの霊魂/Triplicate Spirits》@20

lands:21
2 《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》@20
2 《隔離されたステップ/Secluded Steppe》@20

sideboard:15
2 《縫合の僧侶/Suture Priest》@50
2 《亡霊招き/Beckon Apparition》@20
2 《天界のほとばしり/Celestial Flare》@10
2 《光糸の場/Lumithread Field》@50
2 《隔離する成長/Sundering Growth》@20
2 《塵は塵に/Dust to Dust》@50

 

下記のカードは大手通販で買うと相場より高い。

少し手間になりますが他の安いサイトを使えばグンと安く買えます。

 

2017年6月時点での相場をざっくり入力していきます


3 《魂の従者/Soul's Attendant》@100

4 《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》@10

4 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》@80

3 《古参兵の武具師/Veteran Armorer》@10

1 《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》@30

3 《町民の結集/Gather the Townsfolk》@20

4 《護衛の誓約/Guardians' Pledge》@30

2《虹色の断片/Prismatic Strands》@50

2 《レイモス教の再興/Ramosian Rally》@50

2 《未達への旅/Journey to Nowhere》@100

 

素早く手に入れたい方は、最安値をWisdom Guideで調べて注文をまとめられそうなサイトから一括で買うといいと思います。

 

安く、掘り出し物を見つけて買いたい方は、

 

ヤフオクは安くて、通販だと在庫がないカードも買えるのでお勧めです。

 

メルカリもめちゃくちゃおすすめ。相場だとありえない価格でカードが買えちゃいます。ぜひ使ってみましょう。

 

メルカリに関して詳しくはコチラの記事をご覧ください。カードを売るときにも最高のツールです。

 

合計2380円で組めます。

その他送料等入れても、3000円で収まりそうです。トークンカードなんかも一緒に集めるのもよさそうですね。

しっかりと強くて、トークンが好きな方にはお勧めです。

 

他にもいろいろ別な形のトークンデッキがpauperにはありますので、いろいろと研究して自分の好きな形を見つけてみてください。

また、色んなトークンデッキについては実際に回してみて比較記事も書こうと思っていますのでよろしくお願い致します。

pauperの青黒ティーチング(神秘の指導)について 青黒⑤

こんにちは。

 

今回でとりあえずpauperにある青黒デッキを一通り回し終わりました。

 

最後はノンクリーチャー型だった、そう過去はノンクリーチャーだった、

神秘の指導をフィーチャーした形です。

 

まずはリストから。

 

青黒コントロール

creatures:4
4 《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》

spells:34
1 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《無垢の血/Innocent Blood》
2 《定業/Preordain》
1 《撤廃/Repeal》
1 《ミューズの囁き/Whispers of the Muse
1 《苦悶のねじれ/Agony Warp
3 《チェイナーの布告/Chainer's Edict》
4 《対抗呪文/Counterspell》
1 《肉貪り/Devour Flesh》
2 《破滅の刃/Doom Blade》
1 《残響する衰微/Echoing Decay》
2 《霊魂放逐/Remove Soul》
2 《熟慮/Think Twice》
1 《転覆/Capsize》
1 《強迫的な研究/Compulsive Research》
1 《墓所への乱入/Crypt Incursion》
1 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》
2 《清純のタリスマン/Pristine Talisman》
2 《エヴィンカーの正義/Evincar's Justice》
3 《神秘の指導/Mystical Teachings》

lands:22
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》
2 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
4 《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
7 《島/Island》
3 《光輝の泉/Radiant Fountain》
1 《沼/Swamp》

sideboard:15
2 《ゾンビの異国者/Zombie Outlander》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2 《無効/Annul》
2 《払拭/Dispel》
2 《強迫/Duress》
2 《否認/Negate》
1 《減縮/Shrivel》
1 《完全無視/Complete Disregard》
1 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》

 

ボーラスの占い師の参入は大きかった

f:id:kousuketakagimail241:20170331175637j:plain

このカード。すっかり青のレギュラーですね。このカードをうまく使うデッキがこの頃は勝っています。

 

今回の神秘の指導をフィーチャーした形は、もともとクリーチャーを入れない形がほとんどだったのですが、最近の緑単ストンピィの隆盛と共に必須のカードとなってきました。

コントロール相手にもアドバンテージを稼ぎますのでいい仕事をします。

 

f:id:kousuketakagimail241:20170603221425j:plain

エヴィンカーの正義を探しに行きながら、自身は正義のダメージによって落ちない。

いいコンビネーションを作り出しています。

 

神秘の指導はやっぱり強い

f:id:kousuketakagimail241:20170603221002j:plain

神秘の指導はデッキから1枚差しのカードを自由に持ってこれるという動きだけでなく、同じくまた神秘の指導を持ってくることでアドバンテージを稼ぎます。

 

コントロール同型ではカウンターを合戦に向けて、デッキの中のカウンターを着実に集めてくれるのでさらに無くてはならない存在です。

 

青黒同士の中では一番強いタイプ

これまでいろんな青黒の形を見てきましたが、神秘の指導で効率よくカウンターを集められる分だけ青黒同士の中では一番有利な形だと思いました。

 

ライブラリーアウトでの勝利を目指すことができるのが大きいです。

 

墓所への乱入をうまく使おう

f:id:kousuketakagimail241:20170604180303j:plain

このカードはこのデッキが負けないようにするための最重要カード。このカードを適切なタイミングで撃つことで、負けの可能性をなくしじわじわと勝利します。

プレイミスも墓所への乱入周辺のプレイで起きることも多いのでこのカードの重要性をしっかり意識してプレイしましょう。

 

勝ち方は3種類!しっかり選んでプレイしよう

勝ち方としては、

  • タリスマンの継続的な回復でこちらのライフを潤沢にして、エヴィンカーの正義をバイバックで連打する
  • 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》でライブラリーアウトを狙う
  • アンコウで殴り勝つ

主には3種類あります。

エヴィンカーの正義の連打

入っている枚数も多いので、一番使う勝ち方。コントロールやボロスカルドーサなどライフを回復する手段を持っているデッキには、勝ちが確定して連打を始めても勝つまで時間がかかるので要注意。時間がかかりすぎると判断した時は無理に狙わずドローを進めて《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》を探しに行ってカウンターで無理やり着地させて勝つ方が早い場合があります。

 

血まみれの書の呪いによるライブラリーアウト

いろんなデッキで有効な勝ち方。特にバーンなどライフの水準を高く保ちたいデッキには重宝します。

コントロール相手にはメインは着地すれば、すぐに勝てるので温存して手札にカウンターが溜まったらプレイしましょう。一枚しか入っていないので大事に。

 

アンコウで殴り勝つ

サイドから除去を抜いてくる相手の意表をついて、狙う形です。逆に同型対決になったらアンコウが除去できるようにチェイナーの布告を抜いてはなりません。

実はこの3つの中で圧倒的に早く勝てる方法なので、持ち時間がないときは有無を言わさずこの方法を狙います。その際は否認を絶対に入れてクロックパーミッションのような動きができるサイドボーディングをします。

 

時間切れで負けることが多発します

慣れないうちは、慣れてからもデッキの特性上、持ち時間がギリギリになります。

時間切れを意識して戦略を組み立てて選んでいく必要があります。このデッキの唯一の欠点です。

 

MOでの時間切れに関してはコチラの記事も参照ください。

 

早いデッキに強い

ストンピィだけでなく、最近流行りの赤単スライにも強いデッキです。

ボーラスの占い師の加入が大きく、また墓所への乱入があるので序盤を凌げば負けの可能性をなくすことが出来るというのが大きいです。

 

ストンピィはデッキパワーが高く、数も多いので勝ち漏らさないようにサイドに《ゾンビの異国者/Zombie Outlander》

 

バーンに対しても、回復にかかわるカードが多いので大変有利です。熟錬金術師を漏らさなければ負けることはほぼありません。対バーンでも墓所への乱入が相手の火力3枚分くらいの仕事をするので負けることがありません。

無効は呪いをカウンターするために絶対に入れましょう。

 

バーンとの相性がいいので、水流破をサイドに取らなくても大丈夫です。

 

青黒で早いデッキに強いのはちょっと反則的な強さです。

 

相性悪いデッキが存在しない

環境で相性の悪いデッキが存在しません。コントロール同型やカルドーサにも強く、赤青デルバーにも十分戦えます。

ウィーゼロや呪禁などには布告除去があるので有利です。

エヴィンカーの正義が刺さりまくるのも大きいです。

 

トロンの数が最近減っているせいでマッチアップできていないのですが、うまく立ち回ればいい勝負は出来ると思います。

 

強いて弱点を挙げるなら、どのデッキにも時間負けで負ける可能性があること。時間がかかるせいでMOだと強さの割には使われていないデッキかと思います。

 

さいごに

まだまだ書きたいことがたくさん出てきそうな、楽しいデッキです。またプレイングについては詳細に書いていきたいところです。

 

このデッキが楽しいのは強いからです。青黒のアルケミーも強いと感じたのですが本当にこのデッキは隙が無い。

 

あと、あまり広めたくないのですが、めちゃくちゃ安く組めるpauper最強のコストパフォーマンスを誇るデッキです。

 

実際に紙で組みたい方はコチラの記事も参照ください。想像を絶する安さです。

3000円でpauperのデッキを組もう!(青黒コントロール編)

こんにちは

 

pauperは低予算でデッキが組めると言われているけれども、実際にどれくらいで組めるのかを紹介しようと思います。

 

ズバリ、3000円で組みます。

 

他のフォーマットで安くデッキを組もうとすると、3000円だとデッキパーツを妥協したり、そもそもデッキとして全然弱かったりしますよね。

 

pauperならしっかり勝てるデッキが組めます。

 

仮にpauperのグランプリが開催されたとして、そこで優勝してもおかしくないようなパワーのデッキが3000円で組めます。デッキパーツにも妥協はありません。

ベストな形のデッキを組みます。

 

では組んでみましょう!

 

青黒コントロール

creatures:4
4 《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》

spells:34
1 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《無垢の血/Innocent Blood》
2 《定業/Preordain》
1 《撤廃/Repeal》
1 《ミューズの囁き/Whispers of the Muse
1 《苦悶のねじれ/Agony Warp
3 《チェイナーの布告/Chainer's Edict》
4 《対抗呪文/Counterspell》
1 《肉貪り/Devour Flesh》
2 《破滅の刃/Doom Blade》
1 《残響する衰微/Echoing Decay》
2 《霊魂放逐/Remove Soul》
2 《熟慮/Think Twice》
1 《転覆/Capsize》
1 《強迫的な研究/Compulsive Research》
1 《墓所への乱入/Crypt Incursion》
1 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》
2 《清純のタリスマン/Pristine Talisman》
2 《エヴィンカーの正義/Evincar's Justice》
3 《神秘の指導/Mystical Teachings》

lands:22
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》
2 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
4 《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
7 《島/Island》
3 《光輝の泉/Radiant Fountain》
1 《沼/Swamp》

sideboard:15
2 《ゾンビの異国者/Zombie Outlander》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2 《無効/Annul》
2 《払拭/Dispel》
2 《強迫/Duress》
2 《否認/Negate》
1 《減縮/Shrivel》
1 《完全無視/Complete Disregard》
1 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》

どんなデッキ?

ねちっこく除去、カウンターで相手を妨害して心をくじきます。

f:id:kousuketakagimail241:20170603220741j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170603220756j:plain

神秘の指導はいろんなカードをデッキから持ってこれるので便利です。フラッシュバックしたり、神秘の指導で神秘の指導を持って来ればどんどん自分だけカードが増えていきます。

f:id:kousuketakagimail241:20170603221002j:plain

 

相手が絶対に勝てない状況に追い込んだら、ライブラリーアウトを狙ったり、タリスマンを使って増えたライフをもとにエヴィンカーの正義をバイバックで繰り返し打ちましょう。その前に相手は投了するとは思いますが。

f:id:kousuketakagimail241:20170603221425j:plain

 

安いカードは効率よく買っちゃいましょう!

価格が安くて、流通量の多いカードは大手の通販サイトでまとめて買ってしまえば、楽ですし、送料も安く済むのでお勧めです。

 

晴れる屋

が在庫も多くておすすめ。だいたい50円以内で買えるものがほとんど。

古いカードも在庫があって最高です。高田馬場まで行ける人は店頭引き取りすると送料が浮きます。

 

今回のデッキですと単価はこんな感じです。

 

creatures:4
4 《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》@50

spells:34
2 《無垢の血/Innocent Blood》@30
2 《定業/Preordain》@150
1 《ミューズの囁き/Whispers of the Muse》@80
1 《苦悶のねじれ/Agony Warp》@10
4 《対抗呪文/Counterspell》@30
1 《肉貪り/Devour Flesh》@30
2 《破滅の刃/Doom Blade》@20
1 《残響する衰微/Echoing Decay》@50
2 《霊魂放逐/Remove Soul》@20
2 《熟慮/Think Twice》@80
1 《転覆/Capsize》@60
1 《強迫的な研究/Compulsive Research》@20
1 《墓所への乱入/Crypt Incursion》@30
2 《清純のタリスマン/Pristine Talisman》@20
2 《エヴィンカーの正義/Evincar's Justice》@50

lands:22
2 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》@10
4 《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》@10
3 《光輝の泉/Radiant Fountain》@20

sideboard:15
2 《ゾンビの異国者/Zombie Outlander》@20
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》@50
2 《無効/Annul》@10
2 《否認/Negate》@20
1 《減縮/Shrivel》@10
1 《完全無視/Complete Disregard》@10

下記のカードは大手通販で買うと相場より高い。

少し手間になりますが他の安いサイトを使えばグンと安く買えます。

 

2017年6月時点での相場をざっくり入力していきます

 

1 《見栄え損ない/Disfigure》@30

1 《撤廃/Repeal》@20

3 《チェイナーの布告/Chainer's Edict》@100

2《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》@10

3 《神秘の指導/Mystical Teachings》@20

1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》@80

4 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》@20

2 《払拭/Dispel》@10

2 《強迫/Duress》@10

 

素早く手に入れたい方は、最安値をWisdom Guideで調べて注文をまとめられそうなサイトから一括で買うといいと思います。

 

安く、掘り出し物を見つけて買いたい方は、

 

ヤフオクは安くて、通販だと在庫がないカードも買えるのでお勧めです。

 

メルカリもめちゃくちゃおすすめ。相場だとありえない価格でカードが買えちゃいます。ぜひ使ってみましょう。

 

メルカリに関して詳しくはコチラの記事をご覧ください。カードを売るときにも最高のツールです。

 

合計で2310円で組めます。

超安すぎます。メルカリやヤフオクや最安値のサイトを上手く使えば2000円切りそうです。

 

このデッキがあれば、pauperでしっかり遊べて、しっかり勝てますよ。

ぜひ組んでみてください。

 

実はこのデッキ安く組めるのですが、超々強いバケモノみたいなデッキです。

こんなに安く組めることを教えたくなかったです。

 

このデッキの強さについてはまた近日中に記事を上げるのでよろしくお願い致します。

Pauper最強デッキの一つです。