sugarlessのMTGブログ

pauper modern を中心に

MOの補償請求のやり方(バグで負けても簡単大丈夫)

こんにちは。

 

本日はMOでの補償請求の仕方について。

敷居が高そうで、やったことない方も多いのでは。

簡単ですので泣き寝入りにならずにやりましょう。

 

補償請求とは

MO上にて、こちらに落ち度のないバグが発生した時に、イベントの参加費を返還してもらうことができます。

(バグによってマッチに負けて損をしたとき。最終的に勝利してそのイベントでプライズが出ているのであれば返還は行われません)

 

そのためには、MOの運営元にバグのリポートをする必要があります。リポートの後、イベントの参加費が返還されます。

 

まずはウィザーズアカウントを作ろう

コチラのページよりアカウントを作りましょう。

これは誰でもできるはず。流れに沿って入力していけばOK。

認証メールが届くので開いてアクティベートしましょう。

 

実際にバグレポートを送ってみよう

コチラのページの青色の「Issue Report Form」

f:id:kousuketakagimail241:20170507200036p:plain

 

次にこの画面が出るので

f:id:kousuketakagimail241:20170507200328p:plain

これも流れに沿って記入です。

「subject」にバグの題名を。英語で内容があれば何でも大丈夫。

「Question」の方も中学英語で適当に入れておけば大丈夫です。

バグの内容を正確に伝える必要はありません。少しでも伝われば問題ありません。

 

最後に写真を付けれるようになっていますが必要ありません。

 

以上で完了。簡単です。

さいごに

メールにて2日ぐらいで返答が返ってきます。チケットが返還されるとMOで返還されたという画面が立ち上がりますので完了です。

 

意外と簡単なので絶対やりましょう。フレンドリーリーグでも800円が帰ってきます。

慣れれば、3分もあればできるようになります。マッチの空き時間にでも。