sugarlessのMTGブログ

pauper modern を中心に

1v1 Commanderは柔軟な禁止改定でアップデートする!!

 こんにちは。

 

早速、1v1 Commanderの方で禁止カードの追加がありました。

 

《時を越えた探索/Dig Through Time》
《露天鉱床/Strip Mine》
《宝船の巡航/Treasure Cruise》

 

この3枚が追加で禁止になりました。

 

 

禁止理由について詳しいところは、コチラをご覧ください。

 

禁止されるカードとしては妥当です。

青の探査ドローは各フォーマットで禁止されているパワー9に並ぶカードですし、使えた期間があったこと自体が驚きです。

 

露天鉱床もタシグル等、スルタイカラーを筆頭に土地を縛って悪さをしていたので、フォーマットを楽しくする為には必要な禁止です。

 

上記のカードの他に、サクッと禁止されそうなカードがまだまだある

流石に他のフォーマットですと、もしかしたら次に禁止されるかもしれないというカードは2、3種類くらいですが、1v1 Commander は禁止されそうなカードがまだまだたくさんあります。

 

おそらく、今後のメタを鑑みて、柔軟に変更を加えてどんどん環境を整えていくのでしょう。

 

柔軟な禁止がこのフォーマットを作っていく

柔軟に禁止を出せるので、ユーザーがテストプレイをし、どんどんよくしていくという効率的なフォーマット整備をウィザーズは行っていますね。

 

今は始まって時間が経っていないので、まだまだ荒削りな部分がありますが 、ユーザーのテストプレイを経て今までにない楽しいフォーマットが仕上がって行きそうです。

 

スピード感のある禁止改定が求められる

今回の禁止改定によって、メタが大きく変わるということはないと思います。

全て含んでいたとしても、デッキの3/100であるからです。

 

使われているカードも固定的になってきているとは思うので、週に1回くらいの頻度で禁止改定をして色んなカードに可能性を与えないといけないと思います。

 

ユーザー離れが始まる前に、環境が固まる前に、スピード感を持っての禁止改定を期待します。