sugarlessのMTGブログ

pauper modern を中心に

MOは持ち時間がある!無限コンボは厳しいよ!

こんにちは。

 

MOは持ち時間がある!

MOにはリアルとは違って、持ち時間があります。

 

こちらにスキルのプレイなど選択権がある状態ですと、相手のターンでも持ち時間は減っていきます。

 

この持ち時間がなくなったら、そのマッチは追加ターンもなく負けになります。

 

 無限コンボは決まっても勝てない!

MOだと無限コンボを使うデッキが避けられる傾向にあるのですが、それは持ち時間があるからです。

 

例えば、無限ライフが決まったとしてもルール的には勝利できる訳ではありません。

無限ライフが決まった後にライフによる敗北がなくなり、その後、相手をライブラリーアウトや、ライフを0にしなければなりません。

 

リアルですと、無限ライフが決まれば、ライフを増やす実際の手順(カウンター置く、スペルを打つ等)が省略されて、ライフは無限になります。

ライフが無限ならば、ライブラアウトで勝てる見込みがない限り負けなので、すぐ相手は投了してくれます。

 

 しかし、MOですとライフを得る動作をクリックで全てやらないといけないので、ライフを得るのに時間がかかってしまいます。

厳密に言えば、自分の持ち時間の間でクリックできる分しかループが決まってもライフを得ることはできません。

 

もし、無限ライフのコンボで勝つのならば、相手を他の手段で打ち負かす時間も確保しなければなりません。

 

そういった理由から、コンボが決まっても即勝ちではなく、自身の持ち時間との戦いになる為、MOだと無限コンボが避けられます。

 

無限コンボを使うのなら時間に気をつけよう!

 もし、無限コンボが入っているデッキを使うのであれば、自身の持ち時間を気にしておきましょう!

コンボが決まっても負けるという悲しいことがMOだとよく起こるので。

 

メタがリアルと変わります

上記の理由から、勝つまで手順の多い無限コンボが避けられる傾向にあります。

また、時間がかかること自体を嫌って使わない人も多くなるので、メタには少なくなる傾向があります。

持ち時間はMOの大事な要素、リアルにはない要素なので紹介致しました。