sugarlessのMTGブログ

pauper modern を中心に

pauperの親和について 各マッチ 所感②

前回の続きです。

 

 青黒フリッカーコントロール

OUT

エイトグ4

IN

払拭3

レリック1

 

不利なマッチアップとはなりますが、相手が序盤の立ち上がりが遅かったり、こちらがブン回れば(親和ではそんなにめずらしいことではありません)、勝てます。

4:6くらいはあると思います。

最初、このデッキに勝つために黒の「墓の刈り取り」等クリーチャーを回収するカードもサイドに入れていたのですが、全部捌かれてから回収しても、そこから再展開しても勝てません。このデッキは安定しており、強力です。(次回調整予定)

ゲームプランはこちらは終始ビートダウンなので、ただただ攻めるのみです。

紅蓮破を採用していないので、水流破されずに、相手の対抗呪文を払拭でカウンター出来ます。除去はチェイナーの布告が強力なので、皮剥ぎの梢の価値が上がります。

 

黒単

 サイドプランは上記青黒と同じです。

不利なマッチです。ライフゲインが結構えげつないので、更に早く勝負を決めないと勝てないマッチです。マリガンし、クリーチャーが足りないと更に厳しくなるので、初手キープしたいところです。

 

呪禁オーラ

OUT

海蛇3

テラリオン

 

IN

電謀2

天啓の光

 

メイン、サイドともに不利です。

メインはとにかく速度勝負。順調に回っても間に合わない事が多いです。エイトグコンボでも間に合わないことがあります。

サイド後はサイドカードが引き込めれば、勝機があります。ない場合はこちらの干渉手段が乏しいため、ライフリンクから勝敗が付きます。

ただ相手は親和以上に安定しないデッキなので、相手が初手キープでなければサイドカードがなくてもキープしても良いと思います。

 

イゼットコントロール

OUT

エイトグ4

ティムールの激闘2

海蛇1

テラリオン1

 

 

IN

水流破3

電謀2

払拭3

 

こちらも不利なマッチアップになります。メインは五分なのですが、サイド後はゴリラの対処等、相手の紅蓮破で海蛇に触られやすくなる、等で厳しくなります。

攻めるだけでなく、除去に動くべき局面もあり、青単と戦い方は似ているのですが、盤面に触れられない青単に比べて、除去が多いのでコストの踏み倒し(親和)の効果が薄いマッチアップです。

サイド後は総力戦になりやすいので、青単よりも忍者の対処をしっかりと行っていくのが大事です。

 

 

不利なマッチ3つでした。

 

次回でpauper親和について最終です。