読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sugarlessのMTGブログ

pauper modern を中心に

Pauperにおける赤青ゲームについて

次はモダンの事を書こうかと思ったのですが、

前提として書いておきたい事があったので書いておきます。

 

それは

pauperにおける赤と青

です。

この2色はpauper界で特別な存在です。

理由としては2つ。

  1. 強力カード目白押し
  2. 紅蓮破 水流破 の存在

青に強力カードが目白押しなのは、少しでもエターナルフォーマットで遊んだ方だとわかると思います。ドロー、カウンター、デルバー、明らかに他の色より強い色です。

では赤は、、、

稲妻、炎の斬りつけ等、強い火力があります。親和に対して最強のゴリラ、古の遺恨等もあります。ただ、絶対的に他の色より抜きんでて強いとは思いません。

 

しかし、赤には紅蓮破という対青最強カードがあります。

 f:id:kousuketakagimail241:20170129234017j:plain

もし、【無色1マナ】インスタント 対象の呪文一つを打ち消す、土地でない対象のパーマネント一つを破壊する。

というカードがあったら、どのようなデッキにも採用すべき最強カードです。

それが赤にはあるのです。もちろん青限定ですが、pauperは青のカードの支配率が高いので、上記のような最強のカードに近い運用が出来るのです。

 

イゼットカラーのコントロールデッキが青の相棒に赤を2色目に選ぶ理由としては、紅蓮破が使えるというところが大きいです。紅蓮破という存在が赤をpauper2番手の色として位置づけています。

 

逆に青を使うならサイド後は最強のカードによってゲームプランをかき回されるということを意識しないといけません。

 

しかし、青も黙ってはいません。同じく赤限定ですが、最強のカードで対抗してきます。そう水流破です。

f:id:kousuketakagimail241:20170129234025j:plain

このカードをもって青も対抗してきます。

赤は赤で最強のカードによって、ゲームを妨害されます。なので赤をデッキに採用したからといって青に優位に立てるというわけではないのです。

 

しかし、赤を使わないと青のカードパワーの前に生半端なデッキでは勝てません。なので自身青を使うか、もしくは赤を使うか、両方使うか。pauperは常にそういった赤青ゲームが存在します。

 

pauperはそのゲームにのるのか、それとも無視して赤と青を含まないデッキを選ぶかという選択が存在します。

 

次回のブログではデッキの具体例をもって説明していこうと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

ご意見お待ちしております。